てつさんのジョギングダイアリー

アラフォー男がフルマラソン完走を目指して走り始めたらいつの間にかフルマラソンサブ3.5を目指すことになったブログ。

ジョギング10.51km・犬山シティマラソン出走記&レース翌日はセット練習でEペースジョグ

どうも、てつさんです。

 

昨日は速報にたくさんのスター、コメントありがとうございました。正直自分でもこんなタイムが出るとは思っていなかったのですが、これも日々はてなランナーの皆さんの記事を読んで刺激を受けまくって練習していたからではないかと思います。

 

本当に…はてなランナー最高です!

 

それでは昨日のレース、記憶が途切れ途切れですが振り返ってみたいと思います。

 

前日は雪がちらつく空模様で、当日朝も氷点下まで冷え込んだ犬山。愛知県でも雪がよく積もる尾張北部にあるので、当日も雪になるんじゃないかとやきもきしていましたが、開けてみれば快晴、気温は低いけど日射しが暖かい!

 

f:id:tetsu-san:20170213132742j:plain

 

木曽川のほとりにたたずむ犬山城、日本に12ヶ所しか残っていない現存天守で、さらに国宝5城(松本、姫路、彦根、松江、犬山)の一つです。この木曽川のほとりを走るマラソンが犬山シティマラソン。

 

犬山シティマラソンは以前働いていた職場の上司に誘われて出るようになったので、おそらく10年以上連続で走っているのではないでしょうか。ほとんど常連と化しているので受付から更衣、スタート待機までの流れは完璧…のはずでした。

 

ところが、今年から例年なら受付会場になっている市の体育館が移転のため取り壊されてしまっていて、受付会場が例年僕たちが更衣に使っていた隣の小学校の体育館に変更。押し出される形で去年まで女性の更衣所だったさらに隣に建っている市の武道場の1階部分が男性更衣所(女性更衣所は2階のみ)となったのですが…

 

狭い…。でも体育館と違って武道場は畳の床なので暖かい…。

 

更衣所の暖かさに負けてスタートの10分前まで更衣所でのんびりしていたので、スタート待機地点に着いた頃には待機列はほとんどできあがっていて、僕が並んだのはほぼ最後尾になってしまいました。

 

まあ待機列はそれほど長くなかったので、ロスがあっても10秒か15秒程度かな、と思っていました。目標の45分切りには多少不利かもしれませんが、なんとかなるレベルかと思っていたのですが。

 

いよいよスタートして、周りのランナーをかわしながらぐいぐい前に出ていきます。スタートラインを越えた時に腕のfit smartを確認すると…。

 

0:35の表示…!

 

いきなり30秒以上のスタートロスです。さすがにちょっと焦りました。いや、フルならともかく、10kmで、しかも今まで走ったことのない45分切りを目指してるんだからかなりまずい状況です。いきなり1kmあたり4秒のハンディを背負ってしまいました。

 

fit smartの表示をペース表示にして、平均ペースが4:26/kmを切らないように走ることに。もちろん速いぶんには問題ない。

 

スタート~1km:4:39(+30秒くらいのスタートロス)/km

(ラップ計測はrunkeeper)

というわけで、いきなり試練のスタートになったわけですが、それでも周りのランナーをひょいひょいと避けてどんどん前に出ていきます。レースマジックのせいか、まさにひょいひょいという言葉がぴったりなくらい体が軽い。fit smartを見ると瞬間のペースが3分台になることもありましたが、背負ったハンディを考えるとやむなしと思い、つっこんでいきました。

 

1~2km:4:06/km

だいぶ周りのペースが自分のペースに近くなってきました。

 

ところがこのあたりでアクシデント発生。

 

fit smartの表示が・・・消えてる…。

 

えーっと、こういうトラブル初めてなんですけど。1月の初めにガードレールにぶつけても復活を果たしたfit smartちゃんが、レースの真っ最中にご機嫌を損ねたのかお休みになられてしまった…。

 

いや、いいんですけど、fit smartがないとペースが分からない!時間も分からないし、自分がどれだけ走っているのかもよく分からない(なぜか今年は距離表示が中間地点と残り2km地点しかなかった)。

 

やべえええええ

 

だからといってペースを落とすわけにもいかないので、周りの様子をうかがいながら今までのペースを落とさないように走る。どれくらいのペースなのかは分からないけど。でも、これがキロ3分台とかだったら撃沈間違いなしだ。

 

2~3km:4:00/km

しばらくfit smartなしで走っていたけど、やはり時間も距離もペースも分からないのは不安で仕方ない。走りながらウェストポーチからiPhoneを取り出して、走りながらfit smartとの通信アプリを触ってみる。あれ、アプリだとちゃんとタイム計測しているぞ…。

 

(fit smartの特性ですが、しょせんfit smartはGPSのついていないただの心拍計なので、距離とかペースはiPhoneGPSで測定しているのです。なのでアプリで計測が続いているということはfit smartとの通信を復活させることができれば再度アプリでの計測がfit smartに表示されるのです)

 

いったんアプリを一時停止にして、即再開。これで通信は復活するはず!

 

fit smart復活!

 

無事表示が復活して、ペースも時間も表示されるようになりました。3km通過時点での平均ペース、4:25/km。スタートロスにもかかわらず、すでに45分切れるレベル…。

 

3~4km:3:59/km

このあたりはフラットな河岸道路。スピードは出ます。まだまだ周りのランナーを抜きながら走る元気がありました。あとから振り返ってみたらキロ4分切ってたわ。河岸道路を折り返し、今来た道を戻ります。

 

4~5km:4:06/km

だいぶ集団がばらけてきて、周りは僕と同じようなペースのランナーばかりになってきました。少し疲れてきてフォームが崩れかかります。意識して骨盤を動かして、上半身主導で進んでいくようにこころがけます。

 

周りのランナーを見るといろんなフォームで走っている。僕みたいなフォームのランナーはほとんどいないなあ、みんな腕振りをしっかりしてるんだなあ、とか思いながら走っていました。(僕の腕振りは小さい)

 

5km地点での平均ペースが4:16/km。このペースが維持できれば45分切りは余裕だけど、こんなペースで10km走れるのかは未知数。

 

ただ予定よりかなり速いペースで中間点を通過したので、しょせん10kmいざとなったら撃沈もありだ、つぶれて走れなくなっても残り5kmもないぜ、と開き直ってペースを維持しました。

 

5~6km:4:18/km

単調な河岸道路なのであまり記憶なし。たぶんそこまで4:10/km以下で走ってきてちょっと疲れてきたのでペースをゆるめようとしたらしい。確かに4:18/kmならゆるめても45分は切れる。わりと冷静に計算をしていたようだ。

 

6~7km:4:30/km

犬山の城下町に入る前に緩やかな登り坂が600mほど続きます。このあたりでは自分の少し前を走っていた黄色いシャツの若い男性をぺーサーにして走っていたような気がします。登り坂なのでやはりペースは落ちてしまう…そういえばずっと心拍は赤ゾーン(165bpm以上)を表示している。息も切れてきてさすがに足の動きも悪くなってきたけれど足の痛みはない。なんとかペースを維持して犬山の城下町に入れば再びフラットコースだ。

 

7~8km:3:53/km

犬山の城下町を駆け抜けたあと、犬山城の脇の下り坂を一気に木曽川河岸に駆け下りる(約130mで14m下りる)。ここでもフォームを崩さないように、下り坂でブレーキをかけないように。ここでスタート地点に戻るので、ここから今まで走ってきた道を河岸道路を省略して再度走ることになります。

 

残り2kmの地点でも平均ペースは4:14/km。もうそろそろペースをゆるめても45分は切れるんじゃない?息がだいぶ上がってきたのもあって、いつものサボリ虫が心の中に頭をもたげてくる。

 

しんどいし、45分も切れそうだし、そろそろ頑張るのをやめたい!

 

8~9km:4:16/km

そして再びさっきの城下町に上っていく坂。犬山マラソン、10kmコースですがだいたいこの2回目の坂で心が折られる。毎年折られる。もうゆっくり行こうぜ…心の中の悪魔がささやく…。

 

でもね、fit smartの表示が平均ペース表示になっているので、現在のタイムがどれくらいかが分からないんですよね。いや、もちろんボタンを押せば表示が変わって分かるんですが、ボタンを押す心の余裕がない。

 

ただ平均ペース4:16/kmの表示だけ見て、45分切れるって思ってるだけ。最初に30秒ロスとかあったし、できれば安全域は確実に確保しておきたい。そう思うとペースを緩める勇気がありませんでした。

 

9km~ゴール:4:18/km

最後は犬山の城下町に入ってゴールまで。登り坂ではペースを緩めてレースを投げようと悪魔のささやきが聞こえてきましたが、最後のフラットコースでは沿道の声援も増えたせいか悪魔はどこかに行ってしまいました。でも、さすがに心肺がきつい。これ以上ペースは上げられない。

 

いつの間にかぺーサーにしていた黄色いシャツの男性はずっと前のほうに消えていってしまっていた。さすがに10km45分以下で走っている人でここで前から落ちてくる人もほとんどいない。後ろからすごい足音とともに僕を抜き去っていく人もいた。…これがキロ4分台前半の世界…。

 

3kmの部に以前一緒の職場で働いていた女性が出場していて、走り終わったあとゴール付近で応援しているというメールが来ていたのを思い出して、その人がいないか目で探しながらゴール前の直線を走る。

 

らしき女性がいたのだけど、マスクをしていてよく分からなかったのでその人をじっと見たら、向こうも気付いたらしくて「てつさん!」と手を振ってくれた。声が出せなかったので軽く手を挙げてそのままフィニッシュゲートへ。

 

フィニッシュゲートに時計もなくて、fit smartもiPhoneも見るほどの余裕も残ってなくて、いったい自分がどれくらいのタイムだったのか…。最後に見た平均ペースは4:16/kmのままだったので45分は切れたんだろうけど…。

 

ゴール後、タグを回収してもらい、ポカリスエットを受け取ってそれを飲みながらフラフラと記録証受け取りへ。

 

f:id:tetsu-san:20170212153034j:plain

 

おお、と自分でも声が出てしまった。43分切っちゃったんだあ。

 

そこで初めてfit smartやrunkeeperの計測を止めていなかったことに気付いた。いそいで計測を止めて、ポカリスエットを飲み干して一息。ようやく体に生気が戻って来た感じがした。

 

4:16/kmだとほぼサブスリーペースだよなあ、と思いながら、このペースで42km走り続けるサブスリーランナーのすごさに改めて思い至りました。

 

それでも去年の犬山シティマラソン、10km48分47秒だったので1年で6分縮めた計算になります。40歳、それでもコツコツ練習すればそれなりに速くなるもんだなあ、とちょっと嬉しくなった。

 

*****

以上、昨日の振り返りでした。

 

ただし、昨日の10kmレースは東京マラソンの調整という面から考えるとただのスピード練習です(ガチですが)。

 

で、フルマラソンの練習でスピード練習の翌日といえばセット練習としてLSDでスタミナにふた、ですよね。いや、LSDとまでは言わなくてもジョグですよね。

 

つまり、東京マラソンへの調整を考えるなら、昨日レースだったからと言って甘えることなく今日はジョグをしたほうがいいんです。いやあ、このスケジュール思いついた時、自分でも自分が天才なんじゃないかと思いました。すぐあとにちょっと後悔しましたけどね。

 

というわけで今日も朝4時に起きて朝活!ビバ朝活!朝活の星、Toshiさんサブスリーおめでとうう!

 

今日のadidas micoach心拍トレのメニューは青10分→緑25分→青10分の45分ジョグですが、せっかくなので10kmのEペースジョグにしました。

 

結果

時間 0:58:43

距離 10.51km

ペース 5:35/km

カロリー 736kcal

心拍達成スコア 51%

f:id:tetsu-san:20170213131625j:plain

 

さすがに昨日の疲れもあるのかペースはなかなか上がりませんでした。でもなんとかセット練完了!

 

明日は休足します…。