てつさんのジョギングダイアリー

アラフォー男がフルマラソン完走を目指して走り始めたらいつの間にかフルマラソンサブ3.5を目指すことになったブログ。

ジョギング13.71km・今後のトレーニングの鍵

どうも、てつさんです。

 

日曜日の朝に痛くなった左の腰、走ったら良くなるかなと思っていたのですが意外と良くならず、昨日は一日腰を丸めて歩いていました。

 

今朝も起きると昨日よりはマシですが痛みがある…。

 

というわけで今日はポイント練習のTペース走予定でしたが、回避!

 

でも3時に目が覚めちゃったから走らないのももったいないので走る!

 

ポイント練習回避するならメニューはつなぎのジョグ(Eペース)なんですが、最近Eペースジョグばっかりだったのでちょっとペースを上げようと5:00/kmを目標にサブ3.5のMペース走をやってみました。

 

無茶しやがって…)

 

走り出すと、確かに左の腰は多少痛みますがペースを上げるのには問題ない感じ。コースが下り基調になるとペースがぐんぐん上がっていきます。

 

その結果。

 

f:id:tetsu-san:20170905191517p:plain

 

サブ3.5のTペースは4:35/kmなんですが、その約5秒落ちで5kmほど走ってますね…。

 

これって、ポイント練習回避せずにTペース走ができたんじゃね…?

(腰痛を理由にサボったみたいになってしまった…)

 

後半はコースがアップダウンの繰り返しになるのでペースが維持できませんでしたけどね。

 

f:id:tetsu-san:20170905191950j:plain

 

夏場は52まで落ち込んだVO2maxも56まで復活!

 

f:id:tetsu-san:20170905192447j:plain

 

GarminのVO2maxの計測の原理とかはよく分かりませんが、いろんなサイトを見てみるとVO2maxが56ってサブ3.5は余裕の値なんですね。そもそもVO2maxは12分間全力走の走行距離から計算するものらしいので、要はスピードが速ければVO2maxも上がるはず…。

 

マジか…サブ3.5のレースペースなんて全然余裕ないけどな…。

 

つまり…僕の体は酸素摂取量は多くてスピードは出るけどスピードが続かない→燃費が悪いということか…(エコじゃない)。

 

ダニエルズさんのトレーニング理論から考えるとVO2maxを向上させるにはIペースインターバルですが、おそらく僕に必要なのはVO2maxではなくてスピード持久力であることは間違いない。つまりインターバル走の重要性は僕にとってはあまり高くない。

 

ということは今後のトレーニングの鍵となるのは、スピード持久力をつけるためのTペース走、そして効率の良い走りを身につけるためのRペースということになるでしょう。

 

Rペース走についてはWSがあまり好きではないので坂ダッシュで代用しているのですが(それでいいかどうかはよく分からないけど)、あとはTペース走をしっかり、そしてレースペース近くでのロング走をあと2ヶ月しっかりやっていく必要があるのかな?と考えています。

 

速く腰を治して頑張って練習しよーっと(笑)。