てつさんのジョギングダイアリー

アラフォー男がフルマラソン完走を目指して走り始めたらいつの間にかフルマラソンサブ3.5を目指すことになったブログ。

ジョギング31.42km・撃沈30km起伏走!

どうも、てつさんです。

 

 

今日のメニューは30km走。そして、来週再来週と週末に30km走る時間がとれない(いや、物理的にはとれるんですが…30km走ってからムスメちゃんの運動会とか、30km走ってから休日出勤とかはやりたくない…)ので、しまだ大井川5週間前にして最後の30km走です。

 

というか、もともと運動経験のないアラフォーですから、練習しながらレースまでに疲れをとることを考えたらやっぱり3週間前、いや4週間前でも30km走は厳しいんじゃ?と思うようになりました。id:MacRunさんが北海道マラソン前に30km走やらずにガチユル走ばかりでPB出したという話をヒントに、今回の秋レースではこの方針でいってみようと思います。あと、しまだ大井川が終わったら2週間後いびがわ(これはファンラン)、さらに2週間後に大阪(メインレース)なので直前の無理は禁物。

 

そのぶん今日はしっかり負荷をかけようと思い、コースを2週間前に走ったモリコロパークまで、いや、さらにその奥のリニモの終点、八草駅までに設定し、起伏走にしてみました。

 

KFS!KFS!(id:Toshi1135さんが最近使い始めた新たなラン用語)

 

ちなみに走り終わった際の高低図はこんな感じでした。峠走と言うにはちょっと高度が足りないですかね。やっぱりKFSだ!

f:id:tetsu-san:20170924172008j:plain

 

2日続けてのポイント練習後で足の疲れもそれなりにあったので、シューズは最近普段履きになっていたHOKAのCLIFTON2。朝5時過ぎに出走です。

 

スタートしてすぐに飲み物と補給食を買いに入ったコンビニで、ガーミンを一時停止するのを忘れるという初歩的ミスで5分くらい浪費www

 

その後淡々と5:20-5:40/kmくらいのペースで進みます。

 

そしていよいよモリコロパークへ向かう上り坂へ。夜も明けて明るくなってきたので、同じ坂道から下りてくるランナーさんと何人もすれ違います。2週間前はそんなにたくさんすれ違った記憶がないのですが、なんでかな?(出走時間が2週間前のほうが30分早かったみたいですが)

 

そしてモリコロパークに到着し、さらに奥の八草駅へ向かいます。が、自分の中では八草駅モリコロパークよりもさらに高いところにあって、さらに上っていくと思っていたのですが、想定外の

 

下り坂www

 

上の高低図を見てもらえば分かりますが、一番真ん中が激しく凹んでいるのは八草駅に向かう下り坂です。

 

ちょっとびっくりしましたが、ここで下り坂ということは帰り道が上りということなので、気にせず坂を下りました。

 

ちなみに八草駅からさらに猿投グリーンロードという有料道路が豊田市のほうに向かって延びていき、ここで峠走ができるという噂なので入口を探してみたのですが、見つけることができませんでした。ちょっとまた調べておこう。

 

八草駅ミニストップで補給をしてから今来た道を引き返します。

 

20kmを過ぎると、さすがに足の疲れが出てきます。まあ、先月まで月間走行距離が200kmに届いていなかったアラフォーのオッサンが今月すでに230km走っててさらに昨日一昨日で28km走ってるんですから、当たり前って言えば当たり前です。

 

途中のコンビニで、Monster Energyを買って投入!

 

しかし、これを一気に飲んでしまったため炭酸が胃袋の中で大暴れw

 

しばらくお腹が痛くてキロ7分でしか走れませんでした。

 

それでもその後なんとか持ち直したので少し回り道をして距離を稼ごうとしましたが、だんだんと足の疲れがひどくなり、27kmすぎでとうとう集中力も切れてしまい帰ることに決定。見事に撃沈してしまいました。

 

なんとか自宅まではキロ7分程度のゆるゆるジョグでつないで31kmちょっと。

 

f:id:tetsu-san:20170924174414j:plain

 

最初のコンビニでの一時停止忘れを抜くと、ペースは5:52/kmとのことなので、まあ、Eペース30kmをこなしたことにしていいのかな…。

 

家に帰ると、昨日の職場の日帰り慰安旅行でぐったり疲れた嫁さんはまだ起きてきておらず、ムスメちゃんは起きてきていてお腹がすいたと言うので、朝ご飯作り…。

 

こうやってちょっとでもマラソンポイントを稼いでおかないとね!

 

これでなんだかんだ言って秋レースの前の30km走は終了です。

 

あとは5週間、Tペース、坂ダッシュ、ガチユル走、そしてちょとだけインターバル走を入れて疲れをとりながら調整していこうと思います。