てつさんのジョギングダイアリー

アラフォー男がフルマラソン完走を目指して走り始めたらいつの間にかフルマラソン3時間15分を目指すことになったブログ。

お休み・飛騨高山ウルトラマラソン2019【その7・装備編】

どうも、てつさんです。

 

 

昨日は健治療院さんで施術を受けてきました。いつも夜遅くまでありがとうございます。

 

健さんに「100km走ったあとにしてはふくらはぎのダメージが少ない」と言われました。相変わらず背中から腰の張りはひどくて、鍼をブスブス打たれましたけどw

 

おかげで今朝は腰もすっきりんこ。

 

でも、昨日は帰宅が遅かった上に新潟山形の地震の影響で(職場の災害時担当は僕なんです)ニュースを遅くまで見ていたので朝は5時半まで寝てしまったので今日もランオフ。

 

明日は走れるかなあ…。

 

*****

 

飛騨高山ウルトラマラソンレポ、最後に装備とかいろいろ総括を。

 

これまでのレポ→【その1】【その2】【その3】【その4】【その5】【その6

 

★ヘッドギア:先日購入したNewバフ

ふふふ、ちょっと気分を変えて新しいバフを購入しました。

 

f:id:tetsu-san:20190619212705j:plain

 

雨に備えてキャップはドロップバッグに入れておいたけど、結局そのままドロップバッグから取り出さず。

 

★Tシャツ:TNF ショートスリーブアンペアトレーニングクルー

★アンダーシャツ:ファイントラック スキンメッシュ ノースリーブ

★アンダーパンツ:ファイントラック スキンメッシュ ボクサー

★パンツ:TNF GTDショーツ

★アームカバー:C3fit インスピレーションアームカバー

★ゲイター:C3fit インスピレーションゲイター

 

ウェアは去年とまったく同じです。だいたいレースの時の僕のスタイルも定着してきた感がありますね。

 

★ソックス:タビオ レーシングランプロ 

今年は奇をてらわずにいつも履いてるタビオの五本指ソックス。履き慣れてるから肉刺も去年悩まされた肉刺もできませんでした。

 

★ザック:ULTIMATE DIRECTION AK MOUNTAIN BEST3.0

三年連続同じザックです。ウルトラ100km4本、これとともに走りました。収納量とか、安心感がやっぱりありますね。ちなみに今年もソフトフラスク1本持参。

 

★レインウェア:TNF ストライクトレイルフーディー

今年も午後から雨予報だったので、念のためにドロップバッグに入れておきました。午前中から雨が降っていたので丹生川エイドでドロップバッグから取り出してザックの中に入れましたが、午後はなんとほとんど雨降らず。夕方になっても雨が降り続けていたら保温のために必要だったと思いますが、とりあえず今年も必要なかったのはよかったと考えよう。

 

★補給

今年もわんさかとジェルの類をザックに入れて走ったんですが、なんと丹生川エイドまでに使ったのがカフェイン入りのマグオンレモン1袋だけ。後半はそれでも5袋くらい(そのうちの3袋はカフェイン入り)使いましたが、大量に余らせてしまいましたね…。BCAAはMUSASHIのNIを丹生川で2本、後半で2本。塩熱サプリは10粒くらい持ってましたが、エイドの塩を食べてたので食べませんでしたね…。

 

高山ウルトラはエイドが充実しているので、慣れてきたらそこまでジェルに頼らなくても良さそうです(来年はもっと減らそうっと)。

 

★お薬など

ロキソニンは持って走りましたが、今年はなるべくロキソニンは使わずに走ろうと思っていたので結局使わず。胃薬も吐き気止めも使いませんでした。薬に頼らなくて済むなら頼らない方がいいよね。

 

あと、ドロップバッグには日焼け止めとプロテクトJ1を入れましたが、丹生川エイドで時間を使いたくなかったので結局使用せず。曇り~小雨だったのでスタートの時に塗っただけで日焼け止めの追加を塗らなくてもそこまで悲惨なことにはなりませんでした。

 

★シューズ

 

今日のエントリの主目的はこれ!

 

今回の飛騨高山ウルトラでの最大の功労者はこいつですよ!

 

f:id:tetsu-san:20190324211126j:plain

 

ペガサスター坊!

 

今回の飛騨高山は、ターボレンジャーのターボピンクとして走りました。

 

そして、今回の100km、血尿が最後まで出なかったじゃないですか。

 

ここで僕の血尿履歴を振り返ってみますと…。

 

2017飛騨高山ウルトラ→ホカオネオネ クリフトン2(厚底)→血尿なし

2018飛騨高山ウルトラ→アディダス ジャパンブースト(薄底)→血尿

2018四万十川ウルトラ→ミズノ ウェーブエアロ16(薄底)→血尿

2019飛騨高山ウルトラ→ナイキ ペガサスターボ(厚底)→血尿なし

 

これですよこれ!そう、厚底だと血尿が出ない!

 

そもそもどうして長距離を走ると血尿が出るかというと、「行軍ヘモグロビン尿症」と言って、長距離の行軍により足裏の衝撃で赤血球がつぶされて、赤血球内のヘモグロビンが漏れ出してきてそれが尿中に排泄されることで発生すると考えられています。

 

(まれにミオグロビン尿と言って激しい運動で筋肉が破壊されて血尿になる疾患もあり、こちらのほうはけっこうヤバいので油断はできませんが)

 

で、薄底だと血尿が出て厚底だと血尿が出ない…ということはですね。厚底だとそのクッションにより足裏の赤血球が温存されてヘモグロビンが漏出しにくい、という考察が成り立つわけです。

 

しかも、今回100km走ったあと、昨日健治療院さんで「足のダメージが少ない」って驚かれたわけですよ。

 

ああ、今までウルトラのシューズには散々悩んできましたが、これで一つの答えが出されたのかもしれません。

 

これからもよろしく頼むよペガサスター坊!

 

 もうすぐペガサスター坊2も出るみたいですしね!

 

news.nifty.com

 

飛騨高山ウルトラのレポ、あと翌日編をちょっとだけ書いて終わりにしようかと思ってるので、もう少しつづきます。