てつさんのジョギングダイアリー

アラフォー男がフルマラソン完走を目指して走り始めたらいつの間にかフルマラソンサブ3.5を目指すことになったブログ。

ジョギング10.04km・ようやく本調子に戻る&2018飛騨高山ウルトラマラソン100km出走記【装備編】

どうも、てつさんです。

 

職場の災害担当のため月曜日の大阪北部地震を受けて前任者の残していた資料をいろいろチェックした結果…。

 

前任者、ノリでいろいろやっていたらしくて全然ダメ(><)!

 

まあそういう人だったけどさ~、ちょっとこれはひどいんじゃない?とか愚痴りながらこの2日間は本業の他にそちらの対応をぼちぼちと進めてました。いや、まあ笑うしかない。

 

そんなわけで飛騨高山ウルトラ後のダメージを受けた体のほうはほぼ元通りの状態になっていたのですが(足の親指の爪の痛みも治った)、ここ2日間は走れませんでした。

 

そして今朝は久しぶりに雨も上がって、朝活日和。でも目が覚めたら4時15分…。慌てて着替えて4時35分出走。ウルトラが終わって、ちょっと10km走ってみようというだけのテーマでペースもなにも考えずに飛び出しました。

 

足も軽くて最初から4:50/km前後のペースで走れます。苦手な上り坂もペースを落とさず走り、中盤の下り坂基調でもぐいぐいと加速。こりゃ調子がいいね~、と気持ちよく走っていましたが、7kmあたりで上り坂になったところで撃沈。心拍も150以上から下がらなくなり、ペースを落としてのんびりジョグで帰ってきました。

 

f:id:tetsu-san:20180621110326j:plain

 

まあ、なにも考えずに走ったわりにはいいペースで走れたな!(自己満足)

 

そろそろちゃんとしたスピード練習もしていかなければとは思うのですが、いかんせん天気の具合が微妙な日々が続くので、天気予報とにらめっこしながら練習スケジュールを考えていきたいと思います。

 

*****

 

飛騨高山ウルトラマラソン2018出走記、これでラストです。

 

これまでのレポはこちら → 

前日編 当日編その1 当日編その2 当日編その3 当日編その4

 

最後に、当時の装備をまとめておきたいと思います。

 

★ヘッドギア:いつもの金バフ

f:id:tetsu-san:20180621110803j:plain

 

東京マラソンのEXPOで買った金バフを昨年に続いて装着。雨が降ったときに備えてTNFのランニングキャップはザックに入れていましたが、結局使いませんでした。

 

★Tシャツ:TNF ショートスリーブアンペアトレーニングクルー

★アンダーシャツ:ファイントラック スキンメッシュ ノースリーブ

★アンダーパンツ:ファイントラック スキンメッシュ ボクサー

★パンツ:TNF GTDショーツ

 

Tシャツは黒地に赤文字でTNFとMOUTAIN ATHLETICSのロゴが入っているのがかっこいい!ということで、今回初めてレースに投入しました。はい、見た目重視です。

 

去年はアンダーシャツはファイントラックのパワーメッシュだったのですが、繊維が硬いため長時間走ると脇に擦れができて痛いので、今年はやわらかいスキンメッシュにしました。おかげで今年は脇擦れはできませんでしたよ!

 

そして今年はタイツは履きませんでした。雨が降ったときに備えて一応ドロップバッグにタイツは入れておきましたが、結局使わず。タイツなしで100km走れたので、たぶんこれからは(寒い季節でない限り)タイツなしで走ると思います。

 

★アームカバー:C3fit インスピレーションアームカバー

★ゲイター:C3fit インスピレーションゲイター

 

アームカバーとゲイターは紫外線対策と足のむくみ防止。

 

★ソックス:RxL TRR35G

雨に備えて以前購入したけどあまり使っていなかったメリノウールの5本指ソックスを装着。しかし、靴下のずれのせいで右足の小指に肉刺ができてしまいました…。やっぱり履き慣れた靴下にしておけば良かったかなあ…。

 

 

★シューズ:adizero japanboost3

せっかくHOKA ONEONE CLIFTON4を買ったけど、直前のロング走で撃沈してしまったため結局履き慣れたjapanboostで出走しました。まあ、薄底でも走れちゃいましたね…。ただ、japanboostだと足の爪が死ぬ。他のシューズだと死なないのに。

 

シューズはまだまだこれから要検討ですね。

 

★ザック:ULTIMATE DIRECTION AK MOUNTAIN BEST3.0

去年と同じザックです。僕にとってはウルトラにはこれで十分(ウェストバッグでは不十分)。ちなみにフラスクは1個持参。エイドでポカリスエットをフラスクに入れて、道中時々飲んでました。

 

★お薬など:

ロキソニン4錠持参し、そのうち3錠飲んでしまいました。最後は飲んでもあまり症状変わりなかったので、気持ちの問題ですかねえ。あとはプリンペラン(吐き気止め)、胃薬。バンドエイドはキズパワーパッドを今年も持って走りましたが、結局使いませんでした。あと、今年はスレナインではなくプロテクトJ1を足と股と脇に塗って、ドロップバッグに入れておきました。効果のほどはよくわかりませんでした。今年も股擦れはできなかったけど。

 

★レインウェア:TNF ストライクトレイルフーディー

雨予報だったので一応これをザックに入れておきました。もっと雨が強い予報に備えてモンベルトレントフライヤージャケット、トレントフライヤーパンツ(ゴアテックスのレインウェア)も高山に持参していましたが、それほど強く降る予報ではなかったのでザックにもドロップバッグにも入れませんでした。トレントフライヤージャケットとパンツ、買って2年経つけど未だに出番なし。

 

 

 

★ドロップバッグ:

今年は雨予報だったので、もしかしたら着替えるかもと考えてTシャツ、バフ、タイツ、ソックスの着替えを入れておきました。あとはジェルと塩熱サプリの補充。

 

★免許証、保険証、小銭

これも去年と同じですね。モンベルのスリムワレットに入れて走るのですが、お札をもって走ると汗でお札がゴワゴワになってしまう。ゴワゴワ。

 

こんな感じで走りました。

 

僕はジェルをたくさん持って走るのと、エイド間でも水分補給しないと持たないのでソフトフラスクを持って走るので、ウェストポーチではダメでザックを背負います。今回も結局ジェルを15個くらい消費したので、たぶんエイドの食事だけでは足りない。カロリー消費が他の人よりも多いのかなあ。

 

というわけで、飛騨高山ウルトラマラソンのレポはこれでおしまいです。

 

これからウルトラ走る人の参考になれば、と思います。飛騨高山ウルトラ、楽しいですよ。